2013年07月

さて始まりました、覚えたての単語は使いたくなるみゃにございます(´∀` )



本日のタイトルですが、ただの学名です



日本語で言うと・・・



アブラゼミ


イメージ 1


イメージ 2




になります(´∀` )虫嫌いの方スイマセン



夏の風物詩である"本物"のセミになります



駐車場を歩いていて仰向けになっていたものを拾ってまじまじと見ているうちに撮影したくなってやっちゃいました



その他視点


イメージ 3


イメージ 4




やっぱり本物はフィギュアの世界とまったく違いますね(・ω・´)



遺伝子によってここまで細かく色が別れていてやっぱり自然の力って凄いなぁって思います



羽の色分けなんて特に明暗がはっきりしていて面白いですよね~



人間の毛細血管等の繊細なパーツを作れるヒトの遺伝子にも驚きがありますけどね(´∀` )



そしてやっぱりすごいのは6本の足やその構造、目が2個以上あるという点です



同じ地球上で生まれてきた生物なのにヒトと構造が全く違うというのが考えてみるとものすごい驚き



当然のことだけどよくよく考えてみれば驚きや感動がある



それが自然の力(`・ω・´)



でわでわ   (°∀°)ノシ



撮影したセミは後でスタッフが庭に逃がしてやりました

さて始まりました、冷房に弱いみゃにございます(´∀` )



暑いのが嫌で薄着になっていざ冷房かけると冷えて体調崩すやっかいな時期になってきました



そんな中リサイクルショップに行ったらこんなものが破格の値段で売られていたので買ってきました



百体怪獣ベリュドラ


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4




25cm以上の超ボリュームの怪獣ソフビ



ゼロの初登場映画でべリアルが第2形態になった姿ですね(・ω・´)



映画ではCG+局部アップは実写でしたが果たしてソフビの出来やいかに



細部


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15




造形に関して半端無い情報量を持っておりますぞこのフィギュア



どこぞの通りすがりの仮面ライダーよりも多くの情報を持つ図鑑ですな(´∀` )



以下Wikiより転載

 
怪獣墓場のマグマの中に沈んだウルトラマンベリアルが怪獣墓場の怪獣たちの魂を結集、強制的に合体させて誕生した怪獣。
肩書は百体怪獣だが、実際は226体の怪獣で構成されている。その中には善玉の怪獣や死亡していない怪獣まで含まれており、やや矛盾が生じている(ただ本編で生き残ったものでもその後、寿命で死亡、もしくは再生シーゴラスのように別個体として死亡している可能性もある)。
核であるベリアルが頭部に玉座し、レイオニクス因子で操っている。必殺技は全身の怪獣の力を解放して放つ光線「ベリュドラインフェルノ」。
その圧倒的な火力と超巨体でウルトラ戦士たちを圧倒するも、レイがギガバトルナイザーを通じて怪獣たちに呼びかけたことで体を保つのが不安定になり、その隙を突いたレオとアストラのウルトラダブルフラッシャー、ダイナのソルジェント光線、ウルトラマンの八つ裂き光輪、EXゴモラのEX超振動波、メビウスのバーニングメビュームダイナマイトの同時発射、そしてゼロのプラズマスパークスラッシュが本体のベリアルに直撃したことで完全に崩れ去った。


体を構成している怪獣 
右の角
メトロン星人、アントラー、ギラドラス、デットン、ザンボラー、ガラモン(第16話)、ケムラー、ベムラー(ウルトラマンの初期案)、サドラ、ギャンゴ、ガボラ、ペガッサ星人、キングトータス、ステゴン、フリップ星人

左の角
レッドキング、ザラブ星人、バルタン星人、ゴルドン、ザラガス、ケロニア、ブラックキング、バキシム、グドン、ガマス、ナックル星人、パンドン、エレキング

顔
ウルトラマンベリアル、ベムスター

首
ゼットン、イカルス星人、リットル、ゴメス、ガマクジラ、ササヒラー、ブラックサタン、ザニカ、ゴルゴス、エースキラー、ジャミラ、マグラー、トドラ、アストロモンス、テンペラー星人、ガヴァドンB、ガッツ星人、アロン、サメクジラ、ゾンネル、バルンガ、バルキー星人、シグナリオン、ペギラ、デスレム、ゴドラ星人、バニラ

体
ゴルザ、バードン、レオゴン、キーラ、ダダ、タランチュラ、ガンQ、グビラ、ガラン、ダンガー、タガール、モングラー、ユニタング、タイショー、サボテンダー、オクスター、アネモス、ドラコ、デモス、ボーグ星人、ウー、ビラ星人、ブロッケン、ペスター、ロン、グリーンモンス、ガメロン、マグマ星人、ドラゴリー、ガモス、ババルウ星人、フェミゴン、テロリスト星人、ザム星人、サタンモア、シシゴラン、ゴルゴレム、ウリンガ、ゴルドラス、ワイアール星人、アブソーバ、ネオパンドン、エレドータス、ロードラ、グロテス星人、パワードアボラス、ヤメタランス、ゾラ、ガヴァドンA、バクタリ、ガギ、ブラック星人、ガタノゾーア、ガスゲゴン、ブリザード、パゴス、マグニア、ゲラ、ブラックエンド、ベロン、アンチラ星人、バド星人、チブル星人、バンゴ、ラブラス、レッドギラス、サドラ(メビウス版)、巨人、キングカッパー、ベキラ、キングボックル、カタン星人、オニオン、ブラックギラス、デガンジャ、バイブ星人、メフィラス星人(二代目)、スノーゴン、アンタレス、ミズノエノリュウ

右腕
ドドンゴ、ガラモン、マグネドン、ガクマβ、カメレキング、ピット星人、ベロクロン、ベル星人、ガイロス、ブラコ星人、ネロンガ、タッコング、ノーバ、バルダック星人、フック星人、リトマルス、ビーコン、ナメゴン、ギエロン星獣、グローザム、ゴルバゴス、グロン、ギガス、ツルク星人、カイテイガガン、マーゴドン、ケムール人、ジラース、ノコギリン、バルタン星人(二代目)、ガメロット、ムカデンダー、シーボーズ、シーゴラス、ギマイラ、ツインテール、キングダイナス、アボラス、バリケーン、ヒッポリト星人、シュガロン、プロテ星人、ケンドロス、アリブンタ、グロンケン

左腕
ムルチ、レッドスモーギ、アイロス星人、ガブラ、ジレンマ、ダンカン、プルーマ、アイスロン、ライブキング、モチロン、プラチク星人、ザザーン、サータン、ペテロ、オビコ、ブルトン、ザムシャー、ペガ星人、ゴーガ、キングジョー、ビルガモ、バラバ、ガゾート、コスモリキッド、コダイゴン、ブラックテリナ、ユートム、サウンドギラー、ガンダー、キュラソ星人、プリズ魔、ケンタウルス星人、スカイドン、アンノン、グラナダス、キングザウルス三世、アクマニア星人、クラプトン、グモンガ、テレスドン、リッガー、ナース、メトロン星人Jr、レギュラン星人、ベムラー




だそうです(・ω・´)



正直怪獣と部位を読むより、見た方が覚えやすいような気がします



こんなにも怪獣の造詣が施されているんだよなぁ・・・



サイズもサイズだけにHGと並べて飾ると抜群の存在感があります(・ω・´)



こんなものが破格の値段で売られているからこその「お宝発見」



地元ではダンディ坂野がCMをしております(´∀` )



彼地元出身なんですよ~



それゆえ全国CMでチョイ役で出てくると応援したくなっちゃいます(・ω・´)



頑張れダンディ



でわでわ   (°∀°)ノシ



それにしてもこの怪獣の出る映画4年前の作品だってな・・・

もう7月下旬か、早いな



さて始まりました、まだ梅雨明けしていないことに不満を感じるみゃにございます(´∀` )



今現在も雨降っております・・・



通り雨ならまだしもこれから3日間降り続けるとかなんとか



さっさと夏季に入ってもらいたいぜ



そんなわけでアクション画像を以下掲載



"Evolution King"


イメージ 1




"Straight Flush"


イメージ 2




ウリャア!!


イメージ 3


イメージ 4




"Royal Straight Flush"


イメージ 5


イメージ 6




始、お前は人間たちの中で生き続けろ


イメージ 7







といったかんじで色々動かしてみました



ボリュームのあるフィギュアなので動かしていて迫力あるなぁと思いながら撮影してました



しかし手首のジョイントがキングラウザーを持つには若干緩いのと股関節がほとんど動かせないのが残念なところ



素立ちポーズや剣を持って立つポーズは素晴らしいんですけどね(´∀` )



そして剣を構えるとスペースが大きくなりすぎて撮影ブースに収まりきらないという(´∀`;)



それはうれしい悲鳴でもありますかねぇ



そんなかんじでフィギュア紹介は終了



11月のG3-Xも楽しみだぜ(・ω・´)



でわでわ  (°∀°)ノシ



「ゴッツい」「昆虫デザイン」どちらかもしくは両方満たしたスーツが魅力的条件

やっとこさっさほいさっさ



さて始まりました、「OFF」状態になると中々復帰できないみゃにございます(´∀` )



ようやく画像編集も終わり紹介にいきつけました



Real Action Heros 仮面ライダー ブレイド キングフォーム


イメージ 1




約半年を経てようやく到着いたしました



1/6サイズならではのスーツの質感に加え、通常細身に感じる素体が装甲によって目立たなくなり



もうこれはRAHの中でもトップの出来で、キングフォームの可動フィギュアの決定版ですね(´∀` )



細部


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6




マスクはあの400円のものよりも造形がシャープで目が明るくなっていて



更に分割ラインがほとんど見当たらないのが比較した感想です



肩の装甲の銀部分の縁にはシャドーが吹かれていて重厚感があり



全身のレリーフはオレンジでスミ入れされていてゴールドカラーをより引き立てています(・ω・´)



ラウズアブソーバーはトレイが展開します



このサイズだからこそギミックができるんですね(´∀` )



カテゴリーKが無いのかと思ったらフュージョンQが無いんですね



装甲に融合したアンデッドの配置といいギミックといいフィギュアから学ぶと覚えやすいですね



付属手


イメージ 7

 
握り手(両)
開き手(両)
キングラウザー持ち手(両)
カード持ち手(右)
無礼ラウザー持ち手(左)

になります



キングラウザー


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11




本来なら2枚目の青い丸の中心にベルト接合パーツがあるのですが取れちゃいました(^_^;)



1/6サイズだけあってとても大きく、作りこみも細かくて素晴らしいです



またトレイは玩具同様に開くのでカードの回収が可能になります



ブレイラウザー


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15




トレイが螺旋階段のように差し替え無しで展開するのに感動します(・ω・´)



RAHブレイドのものとはカテゴリー「J」「Q」「K」がプライムベスタ(封印済)になっている点で違うらしいです



ラウズカード


イメージ 16




どうやら本当は各カテゴリ1枚ずつらしいですが僕のにはカデゴリーKが2枚入っておりました



これはラッキーというやつですな(´∀` )



そんなかんじで本体紹介は終了



2MBじゃ画像が貼り足りないぜ



でわでわ   (°∀°)ノシ

イメージ 1




さて始まりました、撮影し直さなきゃレビューできないみゃにございます(´∀` )



ベルトが腰より上に行っちゃって胸アーマーとスレスレの位置になっているにも関わらず撮影をしてしまったために全体像は全部取り直し(・ω・`)



誰かにやり直せと言われたわけではないですので、これはいわゆる向上心というやつですよ



それにしても最近のRAHはレビュー見てるとハイクオリティの連続だなぁ(´∀` )



今回のキングフォームは全身にアーマーがついているので他のに比べ細さを感じにくい仕上がりになっております



こんなかんじ






やっぱカッコいいなぁ(´∀` )



(しかしこのようにベルトが高い位置に来ているため撮り直し)



サイズの大きいフィギュアは撮影ステージも大きくしなきゃいけないから大変だぜぇ(・ω・`)



でわでわ   (°∀°)ノシ



クオリティが高いのはいいんだけど毎月2種出されると相当キツいんじゃないかなぁ・・・ ちなみに僕は約半年に1個が限界です

↑このページのトップヘ