2015年07月

1984


さて始まりました、どの特撮シリーズもすきなみゃにございます(´∀` )


今回は日本の初代怪獣特撮のジャンルから紹介をば


新宿駅から東宝ビルへ・・・
イメージ 1




!?
イメージ 2

あれは!?
イメージ 3


本物(サイズ)のゴジラだ!!
イメージ 4


というわけで新宿東宝ビル8階にできた1/1サイズのゴジラヘッドの施設の紹介になります(・ω・´)

イメージ 5

映画館より奥に進んだホテルの一部にあるそうな


注意書き
イメージ 6

どうやら無料では見学できないようですねぇ(´∀`;)


ということで見学を餌ににカフェを利用することに


カフェのおススメコース
ゴジラケーキセット
イメージ 7

イメージ 9 イメージ 8
イメージ 10

火山とか水素とか足跡とかが表現されてました


味の方ですが、流石は東京新宿ホテルのスイーツ
上品な甘さと暖かい紅茶が相まってとてもリラックスできました


んで横を見てみると


いた!!
イメージ 11

食を堪能したところでいざ頭部(?)へ

イメージ 12

ゴジラヘッド
イメージ 13

イメージ 22 イメージ 23 イメージ 24

イメージ 25 イメージ 26 イメージ 27


壁には3種(初代、84、バトゴジ)のレリーフが展示されてました


今回この頭部はゴジラ対モスラのゴジラを採用したらしいですぜ


アップで
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21


この8階からは見上げることがほとんどで目頭の上部は映りませんでした


ホテルの中でもゴジラ部屋という特別室が用意されており、そこの窓からだと全身バッチリ見えるんだとか


1/1ヘッドは見てて造形物というよりも、ゾウやキリンのような巨大な動物のように感じました


口の中や歯、背びれの造形がすげぇことに リアルどころか本物なんだぜコレ・・・


さらに夜間にスモークが出たり咆哮が鳴ったりするらしいですが、スケジュール上?断念することに


最後に


ゴジラァァァァァァァァァァ(ミレゴジ風に)
イメージ 28


でわでわ  (°∀°)ノシ


ぶっちぎるぜ


さて始まりました、装着者ありきの変身スーツなみゃにございます(´∀` )


200%のあとは日本のヒーローのお店へ


仮面ライダーザダイナー
イメージ 1

イメージ 5


池袋の夜のお店が立ち並ぶ中ばくさんの案内でたどり着けました(・ω・´)感謝します


入口~
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

展示品が色々~


店内
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9



某怪獣さんの居酒屋と違ってかなりオープンな客席になってます(´∀` )


メニューをぺらぺら
イメージ 10 イメージ 11

イメージ 12 イメージ 13

イメージ 14 イメージ 15

イメージ 16 イメージ 17

イメージ 42

超・変・身!カレーライダークウガ
イメージ 18

デネブの炊き込みご飯
イメージ 19

天道流のマーボー豆腐
イメージ 20

俺、参上!仮面ライダー電王 ソードフォームVer.
イメージ 21

その他ドリンク
イメージ 22 イメージ 23

イメージ 24

などなど色々注文しました 他の写真は撮り忘れちゃいました(・ω・`)


料理が到着するとメニューにゆかりのあるキャラの変身音や台詞が店内に流れます


例えば、名護さんのパスタが届くと店内に「イクササ~イズ!俺は正しい!♪」って流れたり


クウガの料理を頼むと変身音が流れたり~


BGMの扱い方に吹きそうになります(理由は行ってみるとわかります)


店内展示品~
イメージ 25 イメージ 26

イメージ 27 イメージ 28

イメージ 29 イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32 イメージ 35イメージ 33 イメージ 34

イメージ 36

イメージ 37 イメージ 38 イメージ 39

イメージ 40 イメージ 41


広いからこそ展示して壮観なアーツ龍騎勢、ブレイドキャストのサインやラウズカード


ガイアメモリのちりばめ方とか、ネット限定のHG仮面ライダーブラックのジオラマとか


レアものがたくさん展示してありました


他にも平成ライダーの小説の特別版に付属する1/2サイズの複眼レプリカの展示もありました


あの居酒屋は「お酒に合う料理」、ここでは「昼食・夕食として利用できる料理」と雰囲気が感じられました



といったかんじで仮面ライダーザダイナーでした(・ω・´)



でわでわ  (°∀°)ノシ



極小の悩み


さて始まりました、待ちくたびれやすいみゃにございます(´∀` )


オーレン20周年同窓会の翌日はばくさんと合流して六本木に


向かう先には・・・


ホットトイズ アベンジャーズ200%
イメージ 1



に行って参りました(・ω・´)


会場は無料で入場できます~(´∀` )


入ってすぐエスカレーターを降りて・・・
イメージ 2

実物大ハルクバスター!!
イメージ 3

イメージ 4

パワードスーツって熱いですよね~


これもレインボー造形さん制作なのかなぁ(´∀` )


入口看板~
イメージ 5

おねいさん~


会場~
イメージ 6

ケース内の展示品は全部アベンジャーズにゆかりのあるホットトイズフィギュアなんですぜ(・ω・´)


色々~

一般商品~
イメージ 7 イメージ 8

イメージ 9 イメージ 10

イメージ 11 イメージ 12




コラボ~
イメージ 13 イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

プロジェクションマッピング~
イメージ 18 イメージ 20 イメージ 19


展示品全部は撮ってないけど、あのホットトイズクオリティのフィギュアが展示されまくってて
それはもう凄くて凄くて「もの凄い」って感情が麻痺しちゃいました(´∀`;)


ジオラマ~
イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

映画のような映像ではなく、現実にアベンジャーズの世界が約0.6畳に広がっており
それがホットトイズで再現されてるもんですから、ただただ凄いの一言


リアルの頂点を極めたジオラマ、まさに小生の夢です

正面からだと反射がキツイと判断し撮ってないのが失敗でした・・・



入り口付近
イメージ 27

イメージ 28


アイアンマン一つをとってもこのパーツ数


一つ一つのパーツがしっかり作られていて“良いお値段”がするのも納得できますね(・ω・´)



次のお部屋
イメージ 29

アイアンマンのスーツ部屋~


マーク1~
イメージ 30


実際に使用されたリビングの家具~
イメージ 31

イメージ 32

トニーの愛車~
イメージ 33

ソーのムジョルニア(ミニゲームコーナー)
イメージ 34

重くもありましたが、なんかつっかかってて持ち上がらない感じ?


ペースメーカーと注意書きされているあたり磁石が関係しているんですかねぇ?



次の部屋~

実物大ヒーローズ

イメージ 35
ソーが超リアルですぜ(・ω・´)本物みたい


ウルトロン
イメージ 36

ソー
イメージ 37

(ウキウキしすぎて他のヒーロー撮るの忘れた・・・)


ハルクバスターVSハルク
イメージ 38





入口のものとは異なり、動きのあるジオラマです


ハルクバスター

イメージ 39
ハルク

イメージ 40


フィギュアってなんだっけ?(´∀`;)麻痺しすぎてもうわけわかめ


お土産~
イメージ 41

“限定”の文字には耐えたぜ・・・(=購入してません)


この部屋でもいくつかアイアンマンがありました


マーク42
イメージ 46 イメージ 47


ウォーマシン
イメージ 42 イメージ 43

イメージ 44 イメージ 45


やっぱりウォーマシンカッコいいよなぁ(´∀` )


アイアンマンもウォーマシンも初号機(マーク1)の方が好きだったりします


といったかんじでアベンジャーズ200%の感想でした


映画館で作品を観賞して100%、ホットトイズの1/6フィギュアで楽しんで120,30%
1/6フィギュアに加え、実物大フィギュア(?)を見て200%楽しめるのがアベンジャーズなのでしょう(・ω・´)



とにかく凄い&凄い展示会でした


でわでわ  (°∀°)ノシ


来年バットマンとスーパーマンで1000%ってあるけどどんな計算なんだろう

走り出したら、止まらないぜ


さて始まりました平成2年生まれのみゃにございます(´∀` )


昨年のクリスタルスカイ復活祭に続き、今年はオーレンジャー20周年として


再び東京の立川に出向かいました


今回も肖像権等のため画像の掲載はございませんのでご了承ください


6月17日の20時ジャストに申込みメールを送り
あっという間に申込みが終了した今回のイベント


前回の会場と同じだったため120人程度の制限と予想


送信して首を長く待つこと3日


申込み受理のメールが届き、なんと7番という数字の若さ


配列はどのような場所になるか不安ではありましたが


なんとオーレンジャーのメンバーや司会進行の中川素州さんに
最も近い会場の最前列左端を獲得!!


ゲストが舞台に上がる度、僕の目の前を通り過ぎていただけるわけでした(´∀` )


まぁそんな個人のことはさておき


オーレンジャー20周年同窓パーティー公式サイト(?)の説明にもあったように

宍戸 マサル 星野吾郎 / オーレッド
正岡 邦夫 様  四日市昌平 / オーグリーン
麻生 あゆみ 様 二条樹里 / オーイエロー
さとう 珠緒 様 丸尾桃 / オーピンク
山口 将司 様  リキ / キングレンジャー

土屋 大輔 様 甲斐拓也/ブルービート
土屋 圭輔 様 シャドウ/ ブラックビート (天時星・知 / キリンレンジャー)
金井 茂 様 片霧大作/ジースタッグ  (早川 裕作 / メガシルバー)
関智一 様 皇子ブルドント・カイザーブルドント/声の出演
主題歌歌手 歌のおにいさん/速水けんたろう様
レッドターボ/炎 力役 佐藤健太様

の方々が20年の時を超え再会を迎えるのでありました


オーレッド/隊長こと宍戸勝さんは昨年に続き、力強いオーラを放って登場(・ω・´)


オーグリーン/ショウヘイこと正岡邦夫さんは当時の面影のままでした(・ω・´)
(決して20年前から老け顔というわけではない)


オーピンク/モモことさとう玉緒さんはテレビなどの液晶画面からでは伝わらない
カワイイオーラが出てました(´∀` )



キングレンジャー/リキこと山口将司さんは昨年よりもカッコよく細くなられておりました


時間をおいて登場されたオーイエロー/ジュリこと麻生あゆみさんは
当時の姿とは異なってすっかり若奥様といったゆったりした雰囲気になられておりました(´∀` )



残念ながらオーブルー/ユウジこと合田雅史さんはお仕事の都合上今回不参加という形に・・・


しかしメッセージが届いており、隊長に読んでいただいた内容を聞き
まだまだオーレンジャーは衰えないことをあらためて感じ



次の21周年の時には江戸時代から戻って参加していただけることをお祈りしております(・ω・`)


そしてブルドントをはじめ、多くの特撮・アニメ声優を務めた関智一さんも
某スネキャラや某執事妖怪の声を披露しつつ
ご登場されました


会場舞台に進みついに20年の時を経てオーレッドとの1対1の対決

と思いきや握手して仲直り(´∀` )これが超力のなせる業



そしてスーツアクターの方々も登場されオーレンジャーの苦労話をテーマにしたトークショーが始まりました


OPの「(走り出したら、止まらないぜ)オーレ!」のとこの集合映像は実は立ち入り禁止の危ないとこだったり

第1話の滝からスタントマンの方が落ちた際、落ちた人が浮いてこなかったり、それが撮影初日だったり

スーツが寒かったり、冷房が無い時代氷と扇風機で涼んでいたら地面が泥でべちゃべちゃに成ったり

バラノイアファミリーの声優をされた大平透さん、松島みのりさん、そして当時(まだ新人だった)関さんが
自ら控室で3人きりで長時間待機の殺伐とした雰囲気の恐怖体験を話されたり


聞けば聞くほどオーレンジャーの撮影は本編の内容よりもハードで危険でシリアスだったんだなと思いました


また三浦参謀長こと宮内洋さんの思い出がテーマになった際

「マルチーワ(女幹部)の術にかからない」
「最終話でバーロ兵と生身で戦ってる」
「オーレンジャーロボ(78.5m)頭部から生身で飛び降りて平然としている」


などの特撮界におけるツッコミどころ満載エピソードをオーレンジャーのキャスト自らが語り会場を沸かせました


まとめると「オーレンジャー、いやスーパー戦隊シリーズで一番強いのは三浦参謀長」と
オーレンジャーが推してましたとさ




続いて作品に欠かせない主題歌を担当された歌のおにいさんこと速水けんたろうおにいさんが登場


虹色クリスタルスカイ、オーレ!オーレンジャー、緊急発進!!オーレンジャーを披露してくださり
もう感極まりない状態でした



数メートル目の前で熱唱されるおにいさんに興奮し会場内の観客全員で大合唱となりました

おかげでおにいさんの歌声は場内大合唱の中だったためほとんど聞こえなかったり・・・


といったかんじでオーレンジャーの20周年が盛り上がっておりました




・・・しかし1995年はオーレンジャー以外にも地球を守るヒーローがいたわけですよ(´∀` )


続いてビーファイターの3人のお方々が登場


すっかりオーレンジャー色の会場ですが、ビーファイターの色も中々強力でした(・ω・´)


こちらのメンバーもトークショーがあり


どうやらオーレン組とビーファイター組ではキャスト同士の絡みは当時まったくなかったり


ビーファイターのプロデューサーがキャストを餌にオーレンの飲み会に行きたがってたり


大遅刻した土屋さんの大ハプニングが、玉緒さんのグアムで不参加ハプニングに全部持ってかれたり


等々ございました そしてスーアクの福沢さんが酒を飲みまくって完璧に出来上がっておりました



またオーレンジャーのキャストに本編のクイズを出題して、正解したり間違ってたりなってお~ってなったり


オーレンジャーとビーファイターのダブル変身(8人変身?)が熱かったりものすごかったです(´∀` )


そしてとうとうお開きのお時間


キャスト一人一人の感想を聞いててオーレンジャーは20年経っても愛されていることを改めて実感し
感動するとともに、スタッフの方には恐れ入りながら次も開催してほしいと祈願するみゃでしたとさ



最後に一本締めして記念パーティーは終了



・・・と思いきやいきなり高速戦隊ターボレンジャーの主題歌のイントロが流れ佐藤健太さんが登場!!


作品は違えど戦隊シリーズに境界は無いことを歴代レッドのお二人が教えてくれました(・ω・´)


そして改めて隊長の一言を終えパーティは終了


その後は2次会が開催され、戦隊好きの観客同士でカラオケ大会を開催するのでありました


まずお手本として、3人(うち一人は自分)が持ち歌を披露


・オーレ!オーレンジャー (虹色クリスタルスカイだったかも?)

・深紅の同志~タイムファイヤーのテーマ~

・情熱 ~We are brothers~ (自分)


ゲストと同じ舞台でのカラオケでしたが、自分の曲はあんまりウケはよくなかったり・・・


気を取り直していざ本番!


歌った(合唱した)曲一覧


・秘密戦隊ゴレンジャーOP
・ジャッカー電撃隊OP
・大戦隊ゴーグルファイブOP
・電撃戦隊チェンジマンOP
・超新星フラッシュマンOP
・光戦隊マスクマンOP
・超獣戦隊ライブマンOP
・高速戦隊ターボレンジャーOP、ED  ☆
・地球戦隊ファイブマンOP
・恐竜戦隊ジュウレンジャーOP  ☆
・五星戦隊ダイレンジャーOP  ☆
・忍者戦隊カクレンジャーOP
・超力戦隊オーレンジャーOP、ED、虹色クリスタルスカイ ☆
・激走戦隊カーレンジャーOP(前期)
・電磁戦隊メガレンジャーOP ☆
・星獣戦隊ギンガマンOP
・未来戦隊タイムレンジャーOP
・忍風戦隊ハリケンジャーOP
・特捜戦隊デカレンジャーOP
・魔法戦隊マジレンジャーOP
・轟轟戦隊ボウケンジャーOP
・天装戦隊ゴセイジャーOP
・海賊戦隊ゴーカイジャーOP、ED
・特命戦隊ゴーバスターズOP、OP2、ED
・獣電戦隊キョウリュウジャーOP、ED
・烈車戦隊トッキュウジャーOP
・手裏剣戦隊ニンニンジャーOP、ED

・仮面ライダーV3
・仮面ライダーBLACKOP
・仮面ライダーBLACKRXOP
・仮面ライダー龍騎OP
・仮面ライダー電王OP
・仮面ライダーキバOP

・宇宙刑事ギャバンOP
・宇宙刑事シャリバンOP
・時空戦士スピルバンOP
・特警ウインスペクターOP
・特急司令ソルブレインOP
・特捜エクシードラフトOP
・重甲ビーファイターOP、ED ☆
・ビーファイターカブトOP

・快傑ズバットOP
・レスキューファイヤーOP
・ボイスラッガーOP

※順不同

の全53曲(?)の1番を合唱しました


歌って見るとわかったのが、やっぱりみんなで熱唱するのは戦隊の主題歌が一番ってことです(・ω・´)


ライダーに比べると戦隊の主題歌はやっぱり子供っぽい感じがありますが
だからこそ全力で熱く歌えるわけですよ(・ω・´)



少し話は反れましたが、☆マークの歌の際にはキャストである
土屋さんや佐藤さんが合唱に参加してくださいました(・ω・´)



土屋さんは巧妙なタンバリンでシャンシャカと場を盛り上げておりました


ビーファイター勢はお酒をたくさん飲まれていたのかかなりノリノリで観客と慣れ親しんでました(´∀` )


僕も頭をなでられて「オッスオッス」って声をかけられましたぜ(・ω・´)これが20年の流れ


トリをつとめるのは勿論オーレンジャーの曲でしたがなんと
オーレン男組み4人とけんたろうおにいさんはまた会場に残っており



ゲスト5人とのとの大合唱、そして緊急発進!!オーレンジャーの熱唱の際に限り撮影の許可がおりました(・ω・´)


うおぉぉぉと記者会見のごとく皆さんパシャパシャ撮るものですから

隊長から「撮るのも良いけどちゃんと歌えよ!!」と懸念されたり(´∀`;)



そして曲が終わり、気付けばあの一瞬で60枚以上撮ってました(´∀`;)


最後はクリスタルスカイでカラオケ大会は大盛況のまま終わりました


クリスタルスカイの歌唱中「オーレンジャー5人が目覚めるその時」のところで
山口さんが手で猛烈に「6人が」ってアピールしているのがなんともチャーミングでした(´∀` )


その後会場内で意気投合した同士とだべり続けて出待ちしたり、吉野家行ったり~


とにかくオーレンジャーは今までずっと愛され続けており
自分自身も生きててよかった、平成2年に生まれてよかったと改めて感じたイベントでした


ゲストの皆さん、スタッフの皆さん、会場の店員さん、観客の皆さん
そして平成2年に生んだ両親、ありがとうございました!!



また次回の21周年、25周年、30周年・・・等もよろしくおねがいします


といったかんじでオーレンジャー20周年記念パーティーのレポートでした


反省点としては
「酔った最中でもOP冒頭の台詞がサラっと喋れるようする」
「自分で選曲する際はターボレンジャーの曲にする(ゲスト登場に期待的な意味で)」

でわでわ  (°∀°)ノシ

↑このページのトップヘ