WF0024



発売開始日がよくわかんないぜ


すかさず


さて始まりました、やりたいこと多すぎて逆に手がつかないみゃにございます(´∀` )


3つテーマ決め少しずつやりたいことを
やりとげる消化するスタイルとってます



3つ、2つでも4つでもなく3つ



さて本題


ACRO
ソフビ製塗装済完成品
SSSS.GRIDMAN ナナシA
WF0006

WF0009

WF0010

WF0019

WF0020

WF0021

WF0022




やる気が消失した状態で作り上げた緩めのデザイン

アニメの怪獣をリアルに立体化するとこんな造形になるんですかね(´∀` )

表皮ののっぺりしている分、窪みや関節のシワ造形がシッカリ効いてきますぜ

口部分は本編同様造形されてない造形(笑)



SSSS.GRIDMAN ナナシB

WF0011

WF0013

WF0018

WF0015

WF0016

WF0017




でました私の最推し怪獣!!!!!! 中の人なんていない

合唱曲が流れるしんみりとした雰囲気で暗い曇り空の中
ナナシAの体を勢いよく引きちぎって登場した全身ほぼ赤色のグロテスク感ある造形

街の建物、怪獣なんでもお構いなしに自由に破壊

早くて強くて思想のない、まるでグリーザみたいな大好きな怪獣です

登場シーンの不気味演出、もうドストライクですよはい


今まではデフォルメの聞いたソフビやアクリルで立体化(ワンフェス等で販売)されてきましたが

生々しいリアリティ溢れる造形は初めてで
今回劇造リアルな怪獣アレンジを手掛けるACROさんが
ここまで仕上げてくださいました!

針金で作ったような手足、貝殻のような胴や頭

牡蠣の殻のような幾重にも重なった層のような表現にはなるほどこういう解釈もあるんだ!
と気づかされます  十人十色の表現 十人十ナナシの表現ですね(?)



サイズ比


WF0024


ナナシAの方が着ぐるみの分一回り大きい感じです

WF0026


figmaのGRIDMANと相性いいサイズのようですね

可動範囲
WF0027


Aはそこまで動かないですが

Bは股関節で可動するので走ってるシーンがアングルによっては撮れます


IMG0001


いいサイズ感だ


といったかんじでまた一つ二つナナシのグッズが増えたのでした

めでたしめでたし

でわでわ  (°∀°)ノシ


新しいパソコンがフリーソフトでの編集保存を断っててつらみ