タグ:アニメーション

あっちあっち

さて始まりました、今年はヤバイみゃにございます(´∀` )


なんなのこの暑さヤバい、冬は嫌いだけど、夏はヤバイね(嫌いとは言ってない)


久々の更新ですが淡々とまた画像貼っていきます


クレヨンしんちゃん
CREATOR×CREATOR
-俺のフィギュア 野原ひろし-
ベージュVer.
イメージ 2 イメージ 3

イメージ 4 イメージ 5

イメージ 6 イメージ 7

イメージ 8 イメージ 9

イメージ 10 イメージ 11

ブラックVer.
イメージ 12 イメージ 13

イメージ 14 イメージ 15

イメージ 16 イメージ 17



ベージュのスーツも黒のスーツもどっちもいいですねぇ(´∀` )


スーツのシワのリアルさがヤバい!そして腕の筋肉スジ造形がなんともエロいぜ・・・


一つはネット、2つ目はリーズナブルにUFOキャッチャーで入手できたのですが


3つ目(リペイント用)を欲張って取れなくて、結局2つでそこそこなお値段に(・ω・`)


それにしても野原ひろしが美化に美化を重ねて立体化ですよ(・ω・´)


コップにぶらさがるシリーズでも立体化されてますが


ここまで美化カッコよすぎるひろしは初なんじゃないかなぁ(´∀` )

以下適当に

イメージ 18

イメージ 1

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22


なんにせよクレしん好きのみゃにはたまらない作品でしたとさ


でわでわ  (°∀°)ノシ

イメージ 23

ホワイトバランスでメッチャ印象変わるわムズー

GoGo焼津の魚レンジャー


さて始まりました、夢にむかって寄り道だらけのみゃにございます


早速紹介の方に


机の上のクレヨンしんちゃん
イメージ 2

イメージ 3



全5種だそうですが、紹介するのは2種のみになります(・ω・´)


野原ひろし
 イメージ 4 イメージ 5

クソッ先に公式に作られてしまったぜ・・・


まぁ野原一家は既に立体化されてたんですけどね~
(春日部駅近くのゲーセンで見られます)

イメージ 9



ロボとーちゃんと
イメージ 1



続いて


カンタムロボ
イメージ 6

イメージ 7


一昔前はチョコビに入ってたりしてましたがだいぶデフォルメされており
リアルなカンタムがガチャで手に入る日が来るとは・・・


可動フィギュアでも言い机上フィギュアでもカンタムが拝めるなんていい時代になったものだぜ

イメージ 8

といったかんじでクレヨンしんちゃんの立体化が珍しいキャラ紹介でした


でわでわ  (°∀°)ノシ


自宅でロボとーちゃんの映画を5.1ch&100型かつ近所の迷惑にならない環境下で見るのが今の野望


あ~忙しい 


さて始まりました、夜更かしなみゃにございます(´∀` )


今回紹介するフィギュアはHGシリーズより


HUNTER×HUNTER ゴン
イメージ 1 イメージ 2


になります


スクロールしないと全体が見えないのはご了承くださいませ(´∀` )


ゴン
イメージ 3 イメージ 4

イメージ 5


イメージ 6 イメージ 7


マッシブな肉体とシャドー塗装が効いてます(´∀` )

願わくば肌色はサンプルと同じ塗装がよかったなぁ

髪もうねりにうねっており、塗装も黒一色ではなく茶色が混じってます

台座とフィギュアは接着?されております

RAH、HG、MICRO、S.H.フィギュアーツと比較
イメージ 8


なんちゅう高さや・・・


RAHキングフォームと
イメージ 9


剣先含めてもまだゴンさん(の髪)の方が大きいという


いやはや撮影が難しいぜ(´∀` )


髪の長いフィギュアというより「杖」?
イメージ 10


といったかんじでございましたとさ


これをうまいこと部屋に飾れてる人尊敬します(´∀` )


でわでわ  (°∀°)ノシ

アニメも欠かさない


さて始まりました、ほぼ週1更新なみゃにございます(´∀` )


ブログ友達の更新まだかなぁ~?とか考えながらぼ~っと待ってたら早1週間


こんなかんじでぼ~っと大人の階段のぼると大人になったとき苦労するわけですねぇ(´∀` )



先日ロボとーちゃんを観ましたが、ボロ泣きと謳うだけあってやはり感動できる作品でした


しかし2回目(1回目は映画館)の観賞だけあって少しは耐性ついちゃった感もあったり・・・


今度は映画館のように身体に響くほどの音響を揃えて、映画を最大限に楽しんでみたいものです(・ω・´)


ちなみにコミックス版も上下巻で発売されてますが、僕はちゃっかりコミックス版の方が好きだったりします


映画とコミックで展開が若干異なりますが、どちらも楽しめるのがこのロボとーちゃんなのでありましたとさ


とまぁロボとーちゃんを語ると記事が完成しきっちゃうのでこのくらいにして



クレヨンしんちゃん ぶらぶらスイング
1.しんちゃん
イメージ 1

イメージ 2


アクション仮面の決めポーズで立体化です

2.シロ
イメージ 3

イメージ 5

イメージ 4

イメージ 6


僕は断然猫派ですが、シロは別格(`・ω・´)

5.しんちゃん 半ケツVer.
イメージ 7

イメージ 8



今流行の「つままれた」状態での立体化


半ケツVer.のジト目がなんともかわいらしい(´∀` )


いたずらをして捕まったシーンが想像できます


イメージ
イメージ 9


といったかんじです


今回ダブるのが怖いものの、回して手に入れたいので3回ほど回し

クレしん一家はコンプしたのでひとまず終了といったかんじです


それにしてもしんちゃんのあの顔は2次元だからこそ成り立つもので

3次元(立体化)させるとこうなっちゃうんですねぇ(・ω・`)

かといってアニメに似せようとすると正面から見たときかなり不気味になっちゃいますし・・・

う~ん、これが結構難しい



以上クレしんスイングでした


でわでわ  (°∀°)ノシ


ロボとーちゃんは序盤の劇場版カンタムロボだけでも満満足ですたい

燃え尽き症候群?


さて始まりました、夜通しDVD視聴は翌日に響くみゃにございます(´∀` )


昨日カブトボーグのDVD5巻分を一気見したおかげで本日グダグダな日々を過ごしておりました


まぁそんな小生の日常はさておき、フィギュアの紹介をいたしましょう


ほぼ動画に使用された画像の掲載になりますのでその点はご了承ください


映画「クレヨンしんちゃん 逆襲のロボとーちゃん」より
ロボとーちゃん
イメージ 1


イメージ 3 イメージ 2

イメージ 4


になります(´∀` )


表情パーツ
イメージ 5 イメージ 6
イメージ 7 イメージ 14イメージ 13 イメージ 8
イメージ 9 イメージ 10

イメージ 11 イメージ 12


カツラは後頭部丸ごと差し替えになります


頑固オヤジモード
イメージ 15


パイプの青から赤への変更はオレンジのパーツごと交換


強化モード
イメージ 16


同じく差し替え


扇風機
イメージ 17


足パーツを取り外して付け替え



以下アクション

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26


といったかんじでロボとーちゃんの可動フィギュアの紹介でした~


今回自作だけに普段フィギュア紹介で使ってる「細部までしっかり造形塗装されてる」「クオリティが高い」とかのフレーズを使えないのがちょっともどかしかったり(´∀` )


アーツサイズで設計図描いてたのに気付けばS.I.C.サイズになってしまったのが反省点


他にもビームとか胸の竹刀とか破損頭部とか色々作ってみたかったけど
それはまたヤル気の火が付いたらということで



Blu-rayは到着しましたが、まだやり残した仕事があったりするので
それが終わってから見ようかと思います(・ω・´)



さて次回はどのクレしんキャラクターを作ろうか


でわでわ  (°∀°)ノシ

↑このページのトップヘ